株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

機能紹介

エンタープライズコンテンツマネジメントシステム

オンライン編集/制作

企画

企画・編集者は、コンテンツ管理ツール“ContentStation”を利用し媒体・コンテンツの情報管理を行います。制作を行うにあたり、企画情報からスケジュールなどを管理し関係者での正確な情報共有を実現します。配信を行うコンテンツに対し、名前から配信先の媒体、配信日、発行地域などのメタ情報を付与して管理することができます。設定された締め切りにあわせてアラートを出すことも可能です。

企画

デザイン依頼・素材送稿

素材を収集し、デザイナーや制作会社など送付先を選択するだけで依頼のメールを自動で送信できます。送付先担当者のInDesign上に素材を表示させることができるため、データ送稿の手間を削減できます。

デザイン依頼・素材送稿

デザイン制作(InDesign)

編集者が選定した素材をInDesignのプラグインから読み込んで紙面のレイアウトに使用することができます。レイアウトデータは唯一のマスタデータとしてサーバー上に保存されるため、常に最新状態を確認できます。

記事編集(InCopy)

InDesignでデザインされたレイアウトへの記事編集を同時並行で行うことができます。レイアウトを確認しながら執筆するため合番管理が不要となり、字数計算も自動で行われるため字数調整のやりとりを削減でき、執筆作業に集中できます。

デザイン制作(InDesign)

台割進行管理

編集者は紙面の進行状況をWeb上でリアルタイムに確認することが可能です。媒体や号などを選択すると対象紙面データのプレビューと進行ステータスが表示されます。進行状況はレイアウト・写真・記事ごとに色別で管理されるため、可視的に確認することが可能です。

台割進行管理

デザイン確認/校正

制作進行中の紙面データはWebブラウザ上でプレビューを表示して内容を確認できます。確認画面から編集者が注釈指示を入力するとリアルタイムで編集紙面データに反映されるため、デザイナーと効率的にコミュニケーションをとることができます。

デザイン確認/校正

オンライン記事編集

制作進行中の紙面データのデザインや字数を確認しながら編集者がオンラインで記事を修正できます。修正した記事はデザインに反映されるため締め切り直前まで文章推敲を行えます。Webから直接記事を編集できるため入稿回数を削減できます。

オンライン記事編集

バージョン管理/差分表示

全てのコンテンツの編集履歴を管理しており、過去のバージョンデータの確認や復元が簡単に行えます。記事に関しては修正前後の差分表示による比較が行えるため、効率的に変更箇所を確認できます。

デジタルアセット管理(DAM)

コンテンツ一元管理

写真や画像、記事、動画、レイアウトデータなどすべてのコンテンツを書誌/ライツなど必要情報と紐付けて管理することが可能です。オリジナル画像と加工後の画像、InDesignのリンク画像、PDFと書き出し元のInDesignなど関連ファイルが自動で紐付けされるため、必要なデータを簡単に見つけ出すことができます。

コンテンツ一元管理

属性情報登録

外部カメラマンやライターなどからのオンライン入稿の際、著作権情報など予め入力必須の属性項目を指定しておくことで、負荷なく効率的な素材検索や収集のための土台を構築できます。

著作権管理(透かし)

ライツ情報や利用期限をコンテンツに紐付けて管理することが可能です。利用許諾のないファイルには「透かし」が自動で入った状態でプレビュー表示されるため、素材の誤使用を抑止できます。

著作権情報管理(透かし)

画像変換

管理されている画像はWebブラウザ上で用途に合わせたフォーマットやサイズなどの変換が行えます。クロスメディア利用の際の制作の手間やコストを削減できます。

クリエイティブコンテンツプレビュー

シェア

デザイナーやライターなどの関係者と一時的な素材共有を行うことが可能です。IDやパスワードを発行することなく指定した期限の中で素材共有や送稿を行えるため、編集・制作の効率化を支援します。

全文検索

ファイルの属性情報はもちろん、紙面PDFや原稿のテキスト・Officeドキュメントなどの本文に記載されている文章を対象に全文検索が行えるため、過去コンテンツから対象データを容易に探し出せます。

コンタクトシート

写真選定に使用したい画像を複数選択し、コンタクトシートを生成することが可能です。画像と属性情報を合わせて表示できるため、撮影者や利用条件などの情報を確認しながら写真を選定できます。

自動タグ付けAIソリューション

選べる3つのAIサービス

任意のAIサービス(現在はAmazon、Google、clarifai)を選択し連携する事で画像解析・自動タグ付けを行う事が可能です。手作業でのタグ付与の工数を削減でき、メタデータを充実させることで画像検索の効率化が実現します。選択するAIサービスにより機械学習やディープラーニングなどトレーニング方法が異なります。顔認証や翻訳、位置情報付与など、各サービスごとの特徴や費用などを元に、お客様の求める要件に合わせてサービスをお選び頂けます。

画像・オブジェクト自動認識

画像をアップロードし画像解析ボタンをクリックすると解析が行われ、画像に写っている乗り物や動物、食べ物など、検出された様々なカテゴリの物体情報がメタデータとして自動で付与されます。自動で画像に関するタグ情報が付与されるため、手作業での属性登録が不要となり、画像管理工数を削減することが可能です。

画像/オブジェクト自動認識

タグ情報自動翻訳

自動でタグ付けされた情報はログインする言語に合わせて自動で翻訳して表示されます。属性情報を複数言語翻訳する必要がなくなり、各国から効率的に検索/取得が行えるためスピーディなグローバル対応をサポートします。

自動翻訳/切り替え

ランドマーク情報/GPS情報登録

画像に含まれる、著名なランドマークや人工建造物を検出し、タグ情報として付与することが可能です。また、GPSの経度/緯度をタグ情報と登録できるため、地図上にピンを指してマップ表示で画像を管理することも可能です。カメラマンからゲストアップロードするだけでランドマーク名やロケーション、GPS情報を登録できるため、撮影画像の登録が効率的に行えます。

顔認証

画像に写っている人の情報を解析し、喜怒哀楽などの顔の表情、目を閉じている・メガネをかけているなどの顔属性、性別などの情報を付与することが可能です。著名人の画像であれば名前や職業、身分などの情報を登録できます。社員やスタッフなどの顔情報を管理したい場合にはAIに学習させてデータベースにトレーニングを行うことで自動タグ付けを行うことが可能になります。

クロスメディア記事編集/配信

記事編集

Webの知識やスキルなしに、Webブラウザ上のエディタを使用して簡単に高品質なデジタルメディア向けコンテンツを制作することが可能です。Webファーストのコンテンツ配信や、InDesign記事のWeb変換が簡単に行えるため、多メディア展開業務の効率化や読者への絵タッチポイント増加による売上向上をサポートします。

画像/動画/スライドショー対応

レイアウト上に画像や動画をドラッグ&ドロップするだけで簡単に画像・動画・スライドショーを配置できます。専門知識なしに誰でも簡単にインタラクティブなコンテンツを作成することが可能です。

WYSIWYG形式で簡単デザイン

WebコンテンツのデザインはWYSIWYG形式で誰でも簡単に制作できます。また、テンプレートやCSSを複数作成できるため、高品質なコンテンツ制作をサポートします。

記事編集

HTML5レスポンシブデザイン対応

制作するコンテンツはHTML5レスポンシブデザインに対応しており、様々なデバイスに自動で最適化されます。編集中も確認画面にて各デバイスに合わせたプレビュー表示・操作が行えるため、配信イメージを細部まで確認しながら編集が行えます。

Webファーストのコンテンツ制作

<Web/SNS配信>

マスタ記事をHTML5に変換したり配信先のCMSやアプリ、SNSを選択して即座にコンテンツを配信できます。複数の配信先を設定できるため、自社のビジネスに合わせた多メディア展開が可能です。

<InDesign変換>

記事を紙媒体として再編集したい場合はInDesignファイルに変換できます。テンプレートに合わせて自動変換されるため、コストや手間を抑えながらWebファーストの運用を確立することが可能です。

Webファーストのコンテンツ制作

InDesignファイルのデジタル変換

制作が完了したInDesignファイルをWeb用テンプレートに読み込み、オンラインエディタでフォントやデザインを調整するだけでWeb/アプリ向けコンテンツを発行することが可能です。紙面校了を待つ必要なくWebコンテンツを制作できるため、タイムリーなWeb展開が実現します。

InDesignファイルのデジタル変換